報告一覽

五月十二日 第一一〇七囘 時局對策協議會定例會

議題
『此度のウクライナの悲劇を敎訓として、我が國の核武裝を實現する爲には、我々は何をすべきか、皆樣のご意見を伺ひたく思ひます。』

(議題提供:東北地區)

 

四月七日 第一一〇六囘 時局對策協議會定例會

議題
『露宇戰爭とそれに對する日本の出處進退』(議題提供:北海道地區)

二月二十七日 野中四郎命八十五年祭齋行

令和三年二月二十七日
岡山県東山・野中家墓地にて
二・二六義軍事件陸軍大尉・野中四郎命八十六年祭を齋行。
役員が墓前で蹶起趣意書、遺書を奉讀した。
中國四國地區 本田智紀

三月三日 第一一〇五囘 時局對策協議會定例會

議題
『皇位繼承問題について、特に安定的皇位繼承とは、如何にあることが望ましいか』(議題提供:九州沖繩地區)

 

一月・二月 近畿地區 活動報告

一月上旬 近畿地區機關誌 『凌雲』第二號 發送作業を行ひました。(志賀、池田)

 

 

二月六日㈰JR大阪驛前にて開催された『不条理を糾す会』の演説會に參加
この日は名古屋、神戸からも仲間が驅けつけた。(志賀、武田)

 

二月十一日㉀紀元節のこの日、奈良縣の橿原神宮ならびに大神神社へ參拜(志賀)

 

 

二月六日 『正統』創刊號のお知らせ

日本正統會(代表・塚本保嗣)機關紙『正統』

一面、創刊の辞 塚本保嗣
二面、祖国独立とは
活動報告
活動紹介
三面、常に正統者であれ 福田邦宏
創刊を祝ふ 河原博史
四面、右翼の未来についての一考 川井正彦

發行/年四囘
購讀料/一百圓 https://t.co/KaBdMCTKzM

 

二月三日(木) 第一一〇四囘 時對協定例會

議題

「長州藩の高杉東行晋作翁は、隨員の一人として上海に赴き、西洋列強に平伏する支那人を見て、自國がさうならんと危機感を覺えたと傳はれる。しかし、現代に於いてはその面影虛しく、中共は我が者顏で強引に世界を平伏させようとしてゐる。立場が逆轉に行かない迄にしても、匹敵する國力を付けて來てゐるやうに感じる。思ふに、今迄中共を二流、三流國家と見下したのも束の間、世界に牙を剥く國家として力を付けて來てゐるのは明白である。これから先、日本はどのやうに中共と付き合つて行くのが最善なのか皆樣の御意見をお聞かせ願ひます。」

(議題提供:中國四國地區)

 

一月十三日(木) 一一〇三囘  時對協定例會

議題
『台灣有事についてどう考へるか。シナの軍擴と覇權主義に對して日本はどう向き合ふべきか


(議題提供 近畿地區)

 

『凌雲』第二號刊行のお知らせ

一頁 卷頭言「君と臣との分を辨へよ」 志賀智仁
二頁 特別寄稿「戰殁者の慰靈顕彰に思ふ」 大川信幸
三頁 近畿の祈り~大阪篇(二)~
四頁 地本日誌/編輯後記

發行所 時局對策協議會近畿地區本部
發行人 志賀智仁
頒價 一部百圓(送料別)
連絡先 〇五〇(三一七二)二二二二番

『闢邪』第廿三號刊行のお知らせ

一頁  天皇社會主義維新囘天の斷行        下山陽太
二頁  萬邦無比の皇御國振り           近藤勝博
三頁  玄洋社をめぐる人々 中野正剛編(其の八) 塚本保嗣
四頁  『新日本建設ニ關スル詔書』拳拳服膺    下山陽太

發行所  同血新聞社
發行人 下山陽太
頒 價 一部百圓、送料別
聯絡先 douketsushinbunsha.hekija@gmail.com

岡山縣護國神社淸掃奉仕

十二月五日(日曜日)
岡山縣護國神社にて正式參拜ののち、今年最後の淸掃奉仕を行ひました。
中國四國地區 本田智紀

岡山縣護國神社淸掃奉仕

十月廿四日(日曜日)岡山縣護國神社にて正式參拜ののち淸掃奉仕を行なひました。

中國四國地區 本田智紀

薩摩志士の会主催「時局講演会」開催

令和三年十一月六日、鹿兒島縣は天文館ビジヨンホールに於いて薩摩志士の会主催の「時局講演会」が開催されました。
弊協議會より第一部・松田晃平理事、第二部・河原博史議長代行が講師を務め、滯りなく盛會裡に終了致しました。

山口二矢烈士墓參、及び六十一年祭齋行


令和三年十一月二日、山口二矢烈士墓參、及び六十一年祭が嚴肅裡に齋行されました。


山口二矢烈士墓參時の集合寫眞


六十一年祭の風景


六十一年祭の風景

近畿地區 八月度の活動報告

八月十五日(日)大詔奉戴日 同志らと大阪護國神社參拜(志賀)

同日、姬路陸軍墓地(寫眞上)太平洋戰全國戰災都市空爆死殁者慰靈塔(寫眞下)
にて獻花、默禱を捧げる(池田)

近畿地區機關紙制作、發送にむけて銳意作業中

以上宜しくお願ひ致します。  匆々不一 志賀智仁拜

靖國神社奉拜

大東亞戰爭終結ニ關スル詔敕渙發あそばされた日

靖國神社奉拜
城北地區 磯和典

 岡山縣護國神社淸掃奉仕

八月一日(日曜日)

岡山縣護國神社にて月始祭參加ののち淸掃奉仕を行なひました。
山陽・四國地區 本田智紀

岡山縣護國神社淸掃奉仕

令和三年六月廿七日 日曜日

偶數月に擧行してゐる岡山縣護國神社の淸掃奉仕を行なひました。
コロナ禍ではありますが、感染症對策を萬全に、十名の參加者で御奉仕致しました。山陽四國地區 本田智紀

岡山縣護國神社淸掃奉仕

令和三年四月廿五日 日曜日

雲ひとつない好天の下、岡山縣護國神社の淸掃奉仕を行なひました。
山陽・四國地區 本田智紀

 野中四郎命八十五年祭齋行

令和三年二月廿八日(日)

岡山縣東山・野中家墓地にて
二・二六義軍事件陸軍大尉・埜中四郞命八十五年祭を齋行。
役員が墓前で蹶起趣意書、遺書を奉讀した。

山陽・四國地區 本田智紀

奉祝 天長節

令和三年二月廿三日午前、宮城に赴き天長節を祝ひ奉る。
城北地區 磯和典

近畿地區 各演說會へ參加

播州愛國市民の集ひによる姫路驛前での街頭演說會に參加。
(近畿地區 池田)
兵庫縣民族派の呼びかけによる縣下三箇所の演說會にてマイクを握る。
(近畿地區 池田)
『不条理を糾す会』による大阪驛前の演說會に參加。機關紙類の頒布を行なふ。
(近畿地區 志賀)

二月十六日 巡拜

「勤皇討幕」を先唱した山縣大貳先生の奧津城を參拜。

次に山縣大貳先生が著はされた『柳子新論』を攝取し、明治維新の魁となつた吉田松陰先生の奧津城を參拜。

 

その後、世田谷區にある古式神道の神習敎本祠、櫻神宮參拜す。


議長 福田邦宏

紀元節

紀元節の佳き日に越谷久伊豆神社に參詣致しました。
城北地區 磯和典

紀元節奉祝式典

令和三年二月十一日 星陵會館にて
紀元節奉祝式典に參列。スタッフを務めさせて頂きました。
事務局 加藤百

神宮參詣

令和三年一月廿四日~廿五日にかけて
神都伊勢の 神宮へ參詣致しました。

廿四日は、朝から小雨が續き
二見興玉神社にて鹽祓ひ昇殿參拜を行なひ、
祓ひ淸めてから
外宮の 豐受大神宮 正宮、
皇大神宮 別宮 倭姫宮、
内宮の 皇大神宮 正宮、
皇大神宮 別宮 荒祭宮へと順を追つて
參拜を無事に終へました。

雨の伊勢參りとなりましたが、伊勢市の地元タクシー乘務員より伊勢の 神宮の雨は一番縁起が善いとの言葉を賜り、心が洗はれるやうでした。

廿五日は、早朝より昨日の天候が嘘のやうに快晴となり
昨日の雨で大氣が浄化されたのか淸々しき參道を歩き伊勢の 神宮 内宮正宮と 皇大神宮 別宮 荒祭宮へ參詣致しました。
東北地區 地區長 坂田昌己

過去の報告

令和二年度
令和三年度
令和四年度

 最初の頁に戻る

 

著作權 二六八二 時局對策協議會 全ての版權を所有す